カテゴリー別アーカイブ: 組立説明書

給弾ガイド

どうもです。

冬の寒いのよりは夏の暑い方がまだまし、千葉剛士です。

大変長らくお待たせしておりました新アイテム、「給弾ガイド・デジタルエディション」の準備がやっと整いましたのでご紹介致します。

.

.

給弾ガイドDE小サイズ ¥2,000-(税別)

IMG-2015-04-05-0138

.

 

給弾ガイドDE中サイズ ¥2,300-(税別)

IMG-2015-04-05-0139

以前にも給弾ガイドは各サイズご提供しておりましたが、今回の給弾ガイドはサイズ感をそのままにディティールデザインを一新、3DCADによるデジタル設計で、光造形の出力品を磨いて原型にしております。

以前のパーツに比べて嵌合精度が更に増し、複製作業に於いてもパーティングラインのコントロールに拘り抜きましたので、非常に組み立て易い仕様となって生まれ変わりました!

7月26日のワンフェス会場にて先行販売、翌27日から通信販売の受付を開始致します。

この機会に是非お求めくださいませ!!

.

.

.

それでは早速商品のご紹介を・・・

.

《組み立ての注意》

●組み立て前に各パーツを洗浄し離型剤を落として下さい。

●薄いパーツが歪んでいる場合は熱湯に浸けて復元して下さい。

●本製品は製法上パーツに気泡が含まれている場合が有ります。

気泡は模型用パテやレジンのランナー等で埋めて、サーフェーサーで

処理して下さい。

IMG-2015-07-18-0238

ゲート処理とパーティングラインの処理が終わりましたらお好みの長さに繋ぎ合せて完成です。

IMG-2015-04-19-0166

.

.

《塗装編》

ここからは塗装についても少しだけご案内させていただきます。

一見すると部品点数が多く一つひとつ塗って行くのが面倒にも思えますが、実は塗装は至って簡単!そもそもゲートやパーティングラインの処理も最低限の手間で済むよう、原型やシリコン型の作成で工夫していますので、どうか尻込みせずにまずは開封して組み立てて楽しんで頂きたいです。

.

では早速。

まずはゲートとパーティングラインの処理が終わったら必要な分だけ繋ぎ合せ、両面テープで適当な持ち手に貼り付けます。

IMG-2015-04-05-0107

そして下地としてサーフェーサーを吹きます。

IMG-2015-04-05-0110

今回はガイアノーツさんのメカサフHを使用し、エアブラシで吹き付けました。吹き付け塗装の場合、繋ぎ目の中に塗料は入り込みませんので未塗装ではありますが、成型色のメカグレーとガイアノーツさんのメカサフHは色調が非常に近いので、気にせずそのままで大丈夫です。

今度は持ち手から剥がし、反対側にくっつけて塗装が出来ていなかった面を塗って行きます。

はい、裏返して・・・

IMG-2015-04-05-0113

IMG-2015-04-05-0115

全部塗れました。

今回はメカサフの色が丁度イメージ通りの色調だったので、これで基本塗装も終了としますが、ここから更にメタリック系やその他お好みの色で塗装しても楽しいでしょう。

.

さて次に仕上げ塗装をして行きます。

IMG-2015-04-05-0119

エナメル系塗料で墨入れと錆汚れ、油汚れを兼ねたような色を作り、やや薄めに希釈します。

塗料が出来たら早速筆で塗っていきます。

IMG-2015-04-05-0122

小サイズにベタベタ・・・

IMG-2015-04-05-0123

中サイズにもベタベタ・・・と言うかバシャバシャーって適当で大丈夫です。あと、繋ぎ目の中に入り込むように、塗料を沢山筆に取って塗りましょう。

全体的に塗れたら、

IMG-2015-04-05-0126

一旦干します。

1時間程乾かしたら次は拭き取りです。

IMG-2015-04-05-0130

モールドに墨が残るよう、丁寧かつ適当に拭き取っていきます。

IMG-2015-04-05-0131

墨入れ終了!

窪んだモールドが強調されるのは勿論、繋ぎ目が暗く塗り分けられてメカっぽい印象が強まります。

.

さて、最後はドライブラシです。

こちらも同じエナメル系で、基本塗装よりも明るめの色を調色し、濃い目に希釈します。

塗料が出来たら筆に少量取り、ティッシュ等に吸わせたり擦り付けたりして、かすれさせてからパーツのエッジに摺りつけていきます。

IMG-2015-04-05-0132

毛足が短くなったようなボロい平筆なんかをドライブラシ専用の筆として使用します。

墨入れ、拭き取りの作業に比べ、比較的短時間で作業が終わり、効果も高いので結構楽しい工程です。

出来ました!

IMG-2015-04-05-0135

エッジが強調され立体感が増しました。

簡単な仕上げ作業のみのご紹介でしたが、効果は覿面ですので是非お試しください。

 


グフ・ショーンカスタム組立説明書

キャラホビ2014で販売のグフ・ショーンカスタムの組立説明書です

 

 

パーツリスト

Img_2235

Img_2236

セットされているパーツは以上です。

組み立て前に全ての部品が揃っているか確認してください。

クレンザーや歯ブラシ等で離型剤を落としてから組み立てて下さい。

 

 

通常のプラスチック用接着剤でレジンパーツの接着はできません。

エポキシ系接着剤か瞬間接着剤を使用してください。

 

 

本製品の組み立てには別売りの

コトブキヤハンドユニット「ノーマルハンドA」

ホビーベース「関節技ダブルボールジョイント」

ウェーブ「P-キャップ PC-03」

が必要です。

Img_2237

また接続軸等に

アルミ線 2mm、3mm

パイプスプリング 0.5mmもしくは1mm

も必要です。

 

 

 

頭部、胴体の組み立て

Img_2239

Img_2240

Img_2241

Img_2242

Img_2243

 

 

脚部の組み立て

Img_2245

Img_2246

Img_2247

Img_2248

 

 

 

両腕の組み立て

Img_2249

Img_2250

Img_2251

Img_2252

Img_2253

 

 

 

バックパックの組み立て

Img_2254

Img_2255

Img_2256

Img_2258

 

 

 

完成

Img_2259

Img_2260

 

設定画や資料を参考に塗装して下さい。


ダグラム改パ組立説明書

マックスファクトリー製ダグラム用、ヤクトダグラム改造パーツの組立説明書です

Photo

全ての部品が揃っているか確認してください。

クレンザーや歯ブラシ等で離型剤を落としてから組み立てて下さい。

 

通常のプラスチック用接着剤でレジンパーツの接着はできません。

エポキシ系接着剤か瞬間接着剤を使用してください。

 

 

頭部の組立

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

 

 

脚部の組立

Photo_9

Photo_10

Photo_11

 

 

完成見本

Dougram_front_2


ブロックヘッド組立説明書

パーツリスト

1

2

3

 

小さい袋

4

 

全ての部品が揃っているか確認してください。

クレンザーや歯ブラシ等で離型剤を落としてから組み立てて下さい。

本品の組立にはウェーブのPC-03、PC-05、BJ-06、及び金属線やプラ材が必要です。

0
 

通常のプラスチック用接着剤でレジンパーツの接着はできません。

エポキシ系接着剤か瞬間接着剤を使用してください。

 

 

 

上半身の組立

11
16と17の窪みにネオジム磁石を入れて接着してください。

 

Photo_2
9に3mm穴を開口したり市販パーツでミサイル弾頭を再現してもいいでしょう。

 

 

 

腰の組立

Photo_3
各パーツのガイドに合わせて1mm穴を開口し、スプリングを刺してください。

24は5mmポリに合わせて太さを微調整して下さい。

 

 

 

脚部の組立

Photo_4
図を参考に各パーツを加工し、プラ棒を切り出してください。

5
38、39は右脚(Rの刻印) 40、41は左脚(Lの刻印)です。

5mmプラ棒は37にしっかりと接着して下さい。

膝アーマー35は突き出た5mmプラ棒の軸にパチンとはめ込んで取り付けます。

35が広がってしまっている場合は熱湯で矯正して平行に戻してください。

36は肩アーマー47と間違えないよう注意して下さい。また35の取り付けも上下を間違わないように注意してください。

6
足首とふとももに左右の区別はありません。

 

 

 

腕の組立

7
図を参考に各パーツを加工してください。

8
軸を切除したPC-05-Dを上腕52の中に入れ、肘関節部53を差して閉じ込めます。

47は膝アーマー36と間違えないよう注意して下さい。

各ポリパーツの可動部は緩すぎたりキツ過ぎたりしないよう穴の径を微調整して下さい。

9
腕パーツはナックル以外に左右の区別はありませんが肘関節の切り欠きを深くする事で左右の区別が出来ます。 切り欠く方向を間違えないよう充分注意して下さい。

 

 

 

その他装備品の組立

Photo_5
穴あけは曲がったりずれたりしないよう慎重に行ってください。

予備のマガジンは左手に持たせたり背中に取り付けたり出来ます。(磁石の極を間違えないよう注意して下さい)

ストック72は2本セットしてあるので一本は短く切断して収納状態を再現して差し替えることが出来ます。

 

 

 

完成

Photo_6
各関節を繋いで完成です。

 

 

 

塗装例

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10
ドライデカールの連邦マークはマガジンに貼ってください。

その他コーションデータ類は市販のデカール等から適当な物をチョイスして下さい。


1/12コンバットドール前期型 組立説明書

パーツリスト

Img_01

全ての部品が揃っているか確認してください。

クリアキャノピーは形状保護の為⑩に被せた状態で梱包してあります。

クレンザーや歯ブラシ等で離型剤を落としてから組み立てて下さい。

 

本品の組み立てにはホビーベース(イエローサブマリン)の汎用ジョイントパーツ(別売り)が必要です。

Img_02
 

 

ステップ1

Img_03

Img_04
脚部を組立てます。

各パーツに穴を開けジョイントパーツを取り付けて下さい。

 

 

 

ステップ2

Img_06

Img_07

Img_08
腰から胴体を組み立てます。

パーツ53と54を差し込む穴はゆるく大きめに調整してください。(2.2mmくらい)

各ジョイントパーツを取り付け、18と19は1mmスプリングで接続して下さい。

 

 

 

ステップ3

Img_09

Img_10
バックパックと肩を組み立てます。

パーツ20と52でパーツ5を挟みますが、5は接着せずに自由に動くようにしておいて下さい。

43の穴開けは42が差し込みでしっかり固定できる大きさに開けて下さい。

 

 

 

ステップ4

Img_11

Img_12

Img_13
腕を組み立てます。

パーツ38と46の取り付けに注意してください。

 

 

 

ステップ5

Img_14

Img_15

Img_16

Img_17
残りのパーツを組み立てます。

胴体にヘッドシェル29,26を取り付けた後、頭部51,14を取り付け最後にキャノピーを被せます。

 

 

 

塗装パターンの一例です。

Img_1805

Img_1806

Img_1807

特に決められた色やマーキング等はありませんので皆さんの自由な発想で仕上げを楽しんで下さい。


汎用動力パイプ状パーツ 組み立て説明

パーツリスト

Img_1562

全ての部品が揃っているか確認して下さい。

離型剤を洗浄してから組み立てて下さい。

(は)は余剰パーツですので使用しません。

 

 

 

Img_1561

16リンク(8リンク×2)繋ぐ為にウェーブ製BJ-04(別売り)を2セット使用します。

 

 

Img_1560

メガなサイズのディティールアップにご利用下さい。


汎用丸指ナックル 組み立て説明

パーツリスト

Img_1498

全てのパーツが揃っているか確認して下さい。

離型剤を洗浄してから組み立てて下さい。

 

 

 

Img_1555

各パーツを接着して下さい。

⑤と⑧は成型の都合上、左右逆にランナーに配置されています。間違えないように組み立てて下さい。

 

 

Img_1554

34、28をお好みの銃のグリップと置き換えて下さい。

 

 

Img_1553

16をお好みの銃のフォアグリップと置き換えて下さい。

19の直径は5mmです。

 

 

 

 

手首関節の接続

Img_1558

②を基部としてウェーブ製BJ-04(別売り)で接続してください。

 

 

Img_1559

銃の重量の都合で保持力が必要な場合はコトブキヤ製MSGボール&軸受セットを使用して下さい。

 

Img_1557


コンバットドール前期型 2ndロット 組み立て説明

ワンダーフェスティバル2011冬に販売したコンバットドール前期型1stロットとは部品構成が異なりますので注意して下さい。

1stロットの組み立て説明はコチラ↓

http://carrioncrow.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/11/post_83fc.html

 

 

パーツリスト

Photo_2

全ての部品が揃っているか確認してください。

クリアパーツ⑭は形状保護の為⑨に被せた状態で梱包してあります。

クレンザーや歯ブラシ等で離型剤を落としてから組み立てて下さい。

 

 

 

Img_1552

2パターンのポーズで組み立てが可能です。

どちらかのポーズを選択して組み立てて下さい。

 

 

 

 

ステップ1

Img_1527

Img_1528

Img_1529

胴体部分を組み立てます。

フェイスパーツ26と27のいずれかを選択して下さい。

43と33の向きに注意して下さい。

バックミラー11と12の支柱は0.5mmの金属線で自作してください。

 

 

 

 

ステップ2

Img_1530

Img_1531

選択したポーズによって使用する部品が一部異なります。注意して下さい。

 

 

 

 

ステップ3

Img_1532

Img_1534

Img_1535

ステップ1~3を組み合わせます。

両ポーズとも、自立するようにバランスを取りながら足首を取り付けて下さい。

胸部ライトにHアイズ3ミニ(別売り)の2.5mmレンズを入れてもいいでしょう。

 

 

 

 

ステップ4

Img_1536

Img_1538

Img_1542

ポーズ共通の部品を加工しておきます。

ミサイルポッドは各パーツの向きと取り付け位置に注意して下さい。

 

 

 

 

ステップ5

Img_1537

Img_1539

ポーズ1の両腕の組み立てです。

 

Img_1540

Img_1541

ポーズ2の両腕の組み立てです。

Bは最後まで接着せず、はめ込んでおいて下さい。

Eと胴体との接続は最後(クリアパーツ取り付け後)です。

 

 

 

 

ステップ6

Img_1543

クリアパーツの破損に注意してください。

クリアパーツが壊れたり汚れたりした場合は⑨を磨いてバキュームフォームしてください。

 

 

 

 

ポーズ1の最終組み立て

Img_1544

Img_1545

Img_1546

Img_1547

 

 

ポーズ2の最終組み立て

Img_1550

Img_1551

Img_1549

Img_1548

左腕の位置が決まったら、はめ込んでおいたBを接着して下さい。

 

弾倉と給弾ベルトはいずれも取り付け位置を示すダボピン等が有りませんので、慎重に仮組した後、適宜軸打ち等で取り付けて下さい。 

 

Img_1552_2

完成

 

 

 

 

 

塗装パターンの一例です

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Img_1593

Img_1594

Img_1595

Img_1596

特に決められた色やマーキング等はありませんので皆さんの自由な発想で仕上げを楽しんで下さい。


コンバットドール後期型 組み立て説明

パーツリスト

Photo

全ての部品が揃っているか確認してください。

クレンザーや歯ブラシ等で離型剤を落としてから組み立てて下さい。

 

 

 

 

ステップ1

Img_1508

Img_1507

Img_1509

胴体部分の組み立て

35を取り付けた後で48を取り付けて下さい。

 

 

 

 

 

ステップ2

Img_1503

Img_1500

Img_1501

Img_1520

下半身の組み立て

40と27の向きに注意して組み立てて下さい。

 

 

 

 

ステップ3

Img_1510

Img_1511

Img_1512

右腕の組み立て

⑥の紛失に注意。

 

 

 

 

ステップ4

Img_1502

Img_1514

左腕の組み立て

⑦に⑩をはめ込み、両腕の位置が決まってから接着する。

 

 

 

 

ステップ5

Img_1505_2

Img_1515_2

Img_1516_2

バックパックの組み立て

11の角度と24の取り付け位置に注意して下さい。

 

 

 

 

ステップ6

Img_1506_2

Img_1517_2

Img_1518_3

ミサイルポッドの組み立て

各部品ゲートの切り出しに注意して組み立てて下さい。

 

 

 

 

ステップ7

Img_1523

Img_1526

Img_1524

Img_1525

完成

25と37は好みの位置に取り付けて下さい。

 

 

塗装パターンの一例です

Img_1576

Img_1577

Img_1578

Img_1579

Img_1580

特に決められた色やマーキング等はありませんので皆さんの自由な発想で仕上げを楽しんで下さい。

 

 

 

 

 

おまけ

Photo

A6用紙に300dpiで描いてあります。


組立説明書 前期型 1stロット

ワンダーフェスティバル2011冬に販売したコンバットドール前期型1stロットの組み立て説明です

2ndロット以降とは部品構成が異なりますのでご注意下さい。

 

 

パーツリスト

Photo_2

全ての部品が揃っているか確認してください。

クリアパーツ20番は形状保護のため21番に被せた状態でセットしてあります。

 

 

 

ステップ1

1_2

胴体に各パーツを接着して下さい。 38番ははめ込みでも可能です。

6番と7番の向きに注意してください。

 

 

 

ステップ2

2

ステップ1を裏返し、各パーツを接着してください。

 

 

 

ステップ3

3

脚部の各パーツを接着して下さい。

 

 

 

ステップ4

4

ステップ2とステップ3を接着し、両腕28、29を接着して下さい。

 

 

 

ステップ5

5

右腕の組立です31番は少し後ろにずらした位置に取り付けます。

 

 

 

ステップ6

6

まず最初に39番外周のバリを綺麗に取り除きます。

15番に39番を仮組した状態で20番を1-2の順番ではめ込みます。

はめ込みがきつい場合は39番の外周を少し削る、20番の後端を1mm短縮する等の調整をしましょう。

ハメ合わせが問題無ければ15番と39番を接着し20番をはめ込みます。

 

 

 

ステップ7

7

足首を組みます。左右共通ですので2組作って下さい。

 

 

 

ステップ8

8

左右の腕を取り付けた後、直立するようにバランスしながら足首を取り付けます。

ステップ6の取り付けははめ込みでも可能です。

 

 

 

ステップ9

9

取り付け位置が微妙なので慎重に仮組してから位置決めをしてください。

 

 

 

ステップ10

10

こちらも取り付けに注意してください。(写真は正面下から見上げたアングルです)

 

 

 

ステップ11

11

右腕にステップ9を取り付け、ステップ9とバックパック側面とを17番で繋ぐように接着します。 こちらも位置取りが微妙なので仮組をして位置を確認しておいてください。

 

 

 

ステップ12

12

各パーツを接着して下さい。

胸部ライトにHアイズ3ミニ(別売り)の2.5mmレンズを入れてもいいでしょう。

 

 

 

ステップ13

13

各パーツに0.5mmの穴を開けて金属線を刺して下さい。

 

 

 

ステップ14

14

バックパックの上の窪みにドリルで穴を開けて自作したアンテナを刺してください。

以上で組立は完了です。

 

 

 

塗装パターンの一例です。

Photo_3

Photo_4

特に決められた色やマーキング等はありませんので皆さんの自由な発想で仕上げを楽しんで下さい。